このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師コメントつき】女性がプロペシア(フィナステリド)を服用した場合のリスクとは?

薄毛治療

「プロペシア(フィナステリド)」は、多くのクリニックで取り扱われている一般的な薄毛治療薬です。しかし、女性の薄毛や抜け毛に対するプロペシアの有効性は男性に比べて乏しいとされています。高い効果が期待できないだけでなく、プロペシアを女性が服用した場合には女性特有の副作用をもたらす可能性があるとされています。

そこで、今回のAGAタイムスでは薄毛治療薬として有能なプロペシアの効能と、女性が服用した場合のリスクについて詳しく解説していきます。

男女で異なる薄毛の症状

薄毛になる原因は様々ですが、男性の場合その多くの原因は「AGA(男性型脱毛症)」であるといわれています。最近は男性だけでなく、薄毛や抜け毛に悩む女性も増えてきました。しかし、女性の薄毛や抜け毛は男性のAGAとはメカニズムや原因が異なると考えられているのです。

男性は男性ホルモンの影響など「体質的」な原因が多い一方で、女性は加齢や更年期障害などによる「ホルモンバランスの崩れ」が大きな原因とされています。さらに、女性の場合はストレスや過度なダイエットによる栄養不足、睡眠不足なども薄毛を招く原因につながることがあります。また、出産後特有の脱毛現象や女性に起こりやすい様々な疾患に付随する脱毛も、女性の薄毛や抜け毛の一因と考えられています。

薄毛の症状に関して、男性に多いAGAは頭頂部や額の生え際などから部分的に抜け毛が進行していくのに対し、主に女性に発症するびまん性脱毛は全体的に髪の毛が細くなりボリュームを失うという違いがあります。

薄毛の主な原因が男女で異なる一方で、共通点もあります。食生活の乱れや睡眠不足の蓄積による頭皮環境の悪化が、育毛や発毛によくない影響を及ぼすことは男性も女性も同じです。健康的な日常生活を営むことで体調だけでなく髪の毛や頭皮を健康的に保つことが重要になります。

プロペシアは女性に効かない?

「プロペシア」は、米国のメルク・アンド・カンパニー(Merck & Co.)が開発した成人男性用のAGA治療薬です。主成分として「フィナステリド」が配合されていることから、フィナステリド治療薬と呼ばれることもあります。現在は世界60カ国以上で使用されており、日本でも成人男性に対するAGA治療薬として、日本皮膚科学会が発行する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版(以下、ガイドライン)」で最高推奨度を得ています。

AGAとは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と呼ばれる体内の還元酵素と結びつくことで、ヘアサイクルに悪影響を及ぼす「DHT(ジヒドロテストステロン)」が生成されて起こる病気です。

プロペシアにはこの5αリダクターゼの活動を阻害する効果があり、DHTの発生を防ぐ働きがあります。

主な女性の薄毛は「FAGA(女性男性型脱毛症)」「FPHL(Female pattern hair loss)」などと呼ばれていますが、男性のAGAとは異なる疾患であると考えられています。男性のAGAと比べて好発年齢が異なるほか、プロペシアのようなフィナステリド治療薬を閉経後の女性症例に投与した結果、有用性が認められなかったという報告があります。びまん性脱毛やFAGA、FPHLの原因は諸説あるものの、未だはっきりとした機序は解明されていません。FPHLの男性ホルモンとの直接的な因果関係は認められておらず、プロペシアを投与することで得られる有用性は低いと考えられております。

閉経後の女性などに対し、本人の合意を得た上でプロペシアを処方するケースもあります。実際にプロペシアで改善を認める女性症例があるのも事実です。FPHLはまだわかっていないことも多く、更なる研究が進むとFPHLという疾患が細分化される可能性が高いと考えています。その中には、フィナステリドのような5αリダクターゼ阻害薬が効果を認める症例があると考えられています。しかし、現状ではガイドラインにおいて女性へのフィナステリドの投与は推奨度Dとされており、閉経後などの条件は考慮されていないものの、女性への処方は「行うべきでない」とされているため、基本的には禁忌とされています。

女性がプロペシアを服用した場合のリスク

プロペシアなどのフィナステリド配合治療薬は、女性の薄毛に対しては効果が乏しいだけでなく、女性が服用することで副作用を及ぼす場合があります。

特に妊娠中や授乳中の女性がプロペシアを服用した場合、胎児や乳児が男児であった場合に生殖器の発育に異常をきたす恐れがあるといわれています。これは、男性生殖器の形成に前述した男性ホルモンの「DHT」が関与しており、プロペシアによってDHTの生成が阻害され男性生殖器が正常に発育しない可能性があるためです。男性であっても、未成年の場合は安全性や有効性が確立されていないことから、未成年者への処方および服用も推奨されていません。

基本的にプロペシアは男性患者にのみ処方されるものですが、個人輸入や男性から譲りうけるなどの方法で、女性でも手にすることができてしまいます。しかし女性の服用は重篤な副作用が起こる可能性があるため、注意が必要です。

【注意:プロペシアの主成分は経皮吸収される】

プロペシアの主成分であるフィナステリドは“経皮吸収”の作用があるため、触れただけでもその成分が体内に吸収され副作用を引き起こす恐れがあります。医師により処方されたAGA治療薬には経皮吸収を未然に防ぐためのコーティングが施されているため、その心配はほとんどありません。しかし万が一、何らかの衝撃で薬剤が破損・分解されてしまった場合には、中の成分に触れる可能性があるため注意が必要です。

ご家庭内にプロペシアなどフィナステリド配合治療薬を置いている男性の場合、その錠剤に女性や未成年が触れてしまう危険性があります。身近にプロペシアなどのフィナステリド配合治療薬がある場合は、処方された本人以外の服用や誤飲だけでなく、ご家族の接触についても避けるように配慮し、取り扱いにも十分注意しましょう。 保管場所はお風呂場近くの湿気が多い場所などは適しておりません。

女性の薄毛には「ミノキシジル」が有効

一般的に、AGA治療にはプロペシアだけでなく「ミノキシジル」という発毛を促す治療薬も効果的です。プロペシアについては女性の薄毛に対する有効性は乏しいとされていますが、ミノキシジルの外用薬については女性への重大な副作用がなく有効性も認められているため、AGA治療専門クリニックなどで処方してもらうことが可能です。

ミノキシジルは本来、血管拡張作用がある薬「経口血圧降下剤」として開発されましたが、服用時に副作用で多毛が認められたことから薄毛の治療薬として新たに開発され、使用されるようになった医薬品です。服用または外用することで発毛効果があるとされています。

外用液はミノキシジルの成分を直接頭皮に塗布するタイプで、女性の薄毛に対してもガイドラインで有効性が認められています(推奨度A)。一方で内服薬は外用液に比べて安全性が確立されておらず、ガイドラインにおいては男女ともに推奨されていませんが、治療方針によっては医師の指導のもと処方されることがあります。

女性の薄毛には、ドイツの製薬会社により開発され、世界で初めて女性の薄毛に効果が認められた薄毛治療薬「パントガール(Pantogar)」も有用とされています。この治療薬にはパントテン酸カルシウムやケラチン、シスチンなど、頭皮環境の改善や髪の毛の成長に欠かせない成分が多く含まれており、それらが複合的に作用することで発毛をサポートします。

現在は個人輸入で簡単にミノキシジル内服薬を手に入れることが可能となっています。しかし、副作用のリスクがある事や粗悪品が多い点、患者様の体調の変化を継続的に確認する事が困難であることから、個人輸入による購入および服用は推奨されていません。ミノキシジル内服薬は医師の指導のもと、安全に服用することで薄毛改善につながりますので、ご希望の場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

女性の薄毛のご相談はAGAヘアクリニックへ

AGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。男性の薄毛、AGAだけではなく、女性の薄毛治療も積極的に行なっております。カウンセリングおよび診察は何度でも無料で行なっているほか、全室個室を完備しているため女性の方でも安心して治療をお受けいただけます。ミノキシジル外用液だけでなく女性専用の薄毛治療薬も処方しておりますので、薄毛や抜け毛、髪の毛のボリュームなどが少しでも気になる場合には、ぜひ一度当院へお越しください。