このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師コメントつき】男性の薄毛はホルモンが原因? 男性型脱毛症(AGA)の原因と対策

薄毛治療

一般的には女性より男性の方が「薄毛になりやすい」というイメージを強く持たれています。このように連想されるのは、男性ホルモンが薄毛と密接に関係していると考えられているからでしょう。

今回のAGAタイムスでは男性ホルモンが頭髪に与える影響や男性に多く見られる薄毛の原因、対策について詳しく解説します。

女性より男性の方が薄毛になりやすい理由

ヒトは性別に関わらず「男性ホルモン」「女性ホルモン」が共に体内に存在します。しかし性別によってそれぞれのホルモンの分泌量および代謝経路が異なるため、それぞれのホルモン量が異なります。その違いが男女における心身の特徴となってあらわれます。

男性ホルモンは体毛や髭の成長を促す作用を有していますが、頭髪の抜け毛を助長する作用も持っています。男性は女性よりも男性ホルモンの分泌量が多く、より強く男性ホルモンの影響を受けます。結果として、体毛や髭が濃くなったり頭髪の抜け毛が増加します。

薄毛には様々な種類がありますが、男性ホルモンが関係する成人男性に多い薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAは男性ホルモンに起因して起こる脱毛症です。AGAの特徴的な所見として、前頭部から頭頂部にかけて毛量が低下するパターン型脱毛が挙げられます。男性ホルモンは筋肉や骨を発達させ体毛や髭を濃くする作用がありますが、前頭部や頭頂部には男性ホルモンに感受性をもつ毛包(男性ホルモン受容体の発現が認められる毛包)が局在しています。

これらの毛包が男性ホルモンの影響を受けることで、前頭部から頭頂部にかけて髪が柔らかくなる軟毛化が生じます。この作用には男性ホルモンの一種「テストステロン」が体内の還元酵素「5αリダクターゼ」と結合することで生成されるテストステロンの活性体「DHT(ジヒドロテストステロン)」が大きく関与します。

出典: AGAヘアクリニック

前頭部や頭頂部の毛乳頭にDHTが作用することで「TGF-β」を主体とする髪の毛の成長を阻害する脱毛因子が産生され、毛母細胞の増殖が抑制。これにより毛髪の周期である「ヘアサイクル」の成長期が短縮され、髪の毛が正常に成長しなくなり薄毛へと発展していくのです。

AGAは遺伝する可能性がある

AGAは男性ホルモンが影響しているのは既知の事実ですが、遺伝的背景も強く関与しています。AGAは主にDHTが男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合することによって引き起こされますが、この男性ホルモン受容体の感受性は遺伝的要素を持っています。またDHTを産生する5αリダクターゼの分泌量も遺伝するといわれているため、AGAの発症には様々な遺伝的要素が関わっていると考えられているのです。

このような理由から、テストステロンの血中濃度が同じ男性でもAGAを発症する人と発症しない人が存在します。

一つの遺伝子情報によって発症するかどうかが決まっている疾患を単一遺伝子疾患といいますが、単一遺伝子疾患は極めて稀な疾患です。一方、高血圧や糖尿病など遺伝的要素は関係しているが、その他の様々な要素によって発症の有無が決まる遺伝性疾患を多因子遺伝疾患といいます。AGAもこの多因子遺伝疾患に属します。

AGAに関する遺伝的要素は複数存在しますが、その中のいくつかの遺伝子情報は「X染色体」に存在します。ヒトは常染色体のほか性決定に関与する「性染色体」を持っていますが、性染色体は男性なら「XY」女性なら「XX」と性別によって異なる組み合わせで存在します。男性ホルモン受容体の感受性に関する一部の情報は女性(母親)から引き継ぐX染色体上に存在すると考えられているため、母方の家系にAGAの傾向がある場合はAGAの素因をもつ可能性が高いと考えられます。

AGAは必ずしも遺伝するとは限りません。あくまでも「X染色体情報はAGAを発症する一つの要素である」と捉えておくとよいでしょう。

AGAは早めの治療が肝心

AGAは適切な治療によって改善が見込める疾患です。しかし薄毛の進行が重度であったり、発症からの期間が長いと改善の可能性が低下します。またAGAは進行性の疾患であるため、何らかの治療を施さない限り症状は進行し続けます。

母方や父方を問わずご自身の家系に薄毛の方がいたり、将来薄毛になるかどうかが心配な場合は、一度AGA治療専門のクリニックなどで診察を受けてみるとよいでしょう。

髪の毛の成長や生え変わりの周期「ヘアサイクル」には、一生涯で繰り返される回数に限りがあります。ヘアサイクルは通常約1000日〜2000日かけて1周しますが、AGAを発症すると髪の毛が成長する過程の「成長期」が最短でわずか100日程度へと短縮されるため、ヘアサイクルの回転も通常より早くなってしまいます。

ヘアサイクルが終了してしまった毛根からは、もう髪の毛は産生されません。AGAによってヘアサイクルが通常より早く回転している場合、必然的に終了時期も早まってしまうため、ヘアサイクルの残数があるうちに治療を始めて通常のペースに近づけることが重要です。

出典: AGAヘアクリニック

AGAは根本から治療をして改善しましょう

薄毛の原因は人により様々ですが、徐々に薄毛や抜け毛が気になり始めたという方の場合はAGAの影響である可能性も十分に考えられます。髪の毛の健康を保つためにも早いうちにAGAを根本から治療し、薄毛や抜け毛を改善することをお勧めします。

現在、国内で最も推奨されているAGAの治療法は内服薬と外用薬による投薬治療です。AGAヘアクリニックで扱う治療薬にはフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルがあります。

また、当院では治療薬のほか発毛や育毛をサポートする栄養補助剤や頭皮環境を整えるシャンプー、女性用薄毛治療薬の取り扱いもございます。医師による診察やカウンセリングは無料で行っておりますので、髪の毛に関してお悩みがある場合はぜひお気軽にご相談ください。