このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

「M字ハゲ」のセルフチェックと改善法【医師コメントつき】

薄毛治療

「M字ハゲ」とも呼ばれる前頭部の薄毛は、多くの男性が悩んでいる脱毛症状の一つです。しかしM字ハゲは、おでこと薄毛部分の境界線が分かりづらいこともあり、薄毛がある程度進行しないと変化に気付かない場合もあります。

そこで今回のAGAタイムスでは、M字ハゲと呼ばれる前頭部の薄毛の進行状態を簡易的にチェックする方法や薄毛のメカニズム、改善方法を解説していきます。

M字ハゲの原因

M字ハゲといわれるおでこの生え際の後退や、つむじ周辺の抜け毛は「AGA(男性型脱毛症)」という疾患で認められる一般的な症状で、成人男性に多くみられます。

AGAの主な原因といわれているのが「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンです。DHTは精巣や副腎から分泌される、男性にとって必要不可欠な男性ホルモンの一種「テストステロン」と、「5αリダクターゼ」という酵素が結びついて生成されます。DHTが前頭部や頭頂部の毛乳頭にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合すると、「TGF-β」に代表される脱毛因子のサイトカイン(細胞の増殖、細胞死、治癒のような情報伝達を行うタンパク質)が増加します。

通常、髪の毛は2~6年ほどかけて太く強く成長し、その後に抜け落ちます。しかしDHTが過剰に生成され、TGF-βなどの脱毛因子が増加すると髪の毛の成長する周期「ヘアサイクル」が短縮され、成長初期の柔らかく短い髪の毛の状態で抜け落ちてしまいます。その結果、徐々に短く細い毛が目立つようになり、最終的に薄毛へと進行していきます。M字ハゲの場合、生え際部分の毛根部でDHTが過剰に生成されている可能性があります。

AGAの原因は男性ホルモンだけではありません。AGAの発症には生活習慣や遺伝など様々な要因が関わっているとされており、栄養バランスが乱れた食事や睡眠不足、喫煙や過剰な飲酒などの不摂生もAGAを招く原因の一つと考えられています。

M字ハゲのセルフチェック法

おでこと頭皮の境界線を知ることで、M字ハゲに該当するかどうかを簡単にチェックすることができます。自分がM字ハゲがどうか気になる方は、ぜひ鏡でご自身の前頭部を見ながら確認してみてください。

1. 鏡を用意する
頭部全体が映るサイズの鏡を用意し、正面からご自身の顔を映してみましょう。
2. 額にシワをつくる
鏡に顔を映したまま、目を見開いて、眉毛を上に動かしてください。このとき手を使わずに、顔の筋肉だけで持ち上げることがポイントです。ここでおでこに“シワ”ができることを確認しましょう。
3. 額と頭皮の境界線を確認する
おでこにできた一番上のシワ(生え際に最も近い位置にできたシワ)が、頭皮とおでこの境界線の目安です。これは、前頭筋(おでこの筋肉)を含む顔の筋肉が動くと皮膚にシワができるのに対し、頭皮にはシワができないためです。また頭皮とおでこの皮膚は、質感も異なる場合があります。
4. 境界線に指を置く
おでこにシワを作った状態のまま、一番上のシワ(頭皮とおでこの境界線)と生え際の間に1本指を置いてみましょう。ちょうど指1本分程度であれば、薄毛の可能性は低いといえます。しかし前頭筋の起始部は個人差があり、必ずしも生え際と一致しているわけではないのであくまでも目安と考えてください。

指2本分、3本分と隙間が空いている場合はM字ハゲ(AGA)である可能性も高まりますが、あくまで目安です。

また、現在AGAの進行レベルや進行パターンには世界的基準の「ハミルトン・ノーウッド分類」が設定されていますが、日本国内で用いられている分類法の「高島分類」では、頭頂線から角額が2cm以内だとAGA(男性型脱毛症)であると定義されています。

M字ハゲと遺伝の関係

AGAは症状を発症しやすいタイプと、そうでないタイプの人がいるといわれています。両者の違いにはAGAの原因物質DHTを生成する5αリダクターゼの“量”男性ホルモン受容体の“感受性の高さ”が関係していると考えられています。

AGAに関する遺伝子は複数個判明していますが、男性ホルモン受容体に関係する遺伝子情報がX染色体上に存在するとされています。他にもAGAに関係する遺伝子情報が常染色体にも存在しており、5αリダクターゼの量や男性ホルモン受容体の感受性の高さに個人差を生じさせています。これらAGA発症に関わる遺伝的要素によって体質が変わってくることから、AGAになりやすいタイプとそうでないタイプがいるといわれています。そのため、AGAなどの薄毛になりやすい体質は両親から受け継がれている可能性があるとも考えられるでしょう。

M字ハゲの予防法

AGA発症の主な原因である男性ホルモンや遺伝の影響は、日常生活の中で予防できるものではありません。しかし、AGAの要因の一つとされている不摂生な日常生活は日頃から意識することで改善することができます。M字ハゲが気になる場合はまず生活習慣の乱れを改善し、M字ハゲの予防に努めましょう。

1. 自律神経を整える

不規則な生活は心身にストレスを与えかねません。ストレスにより自律神経が乱れると血圧が変動したり、血流が悪化したりするため髪の毛が育ちにくくなってしまう可能性があります。また自律神経が乱れると、ホルモンバランスに悪影響を及ぼすことも考えられます。このような事態を避けるためにも、規則正しい生活を送るよう心がけましょう。

また自律神経を整えるためにはストレスを溜め込まないことが重要だとされていますが、ストレスには筋疲労などの因果関係が明確なものから個人差が生じる心理的なものまで原因が多様に存在します。無意識のうちにストレスを溜め込んでしまうケースも少なくないため、心身の健康に対する自己管理が必要といえるでしょう。心身がストレス状態にある時は主に交感神経の活性が優位になります。そのため、“適度な運動をする”、“好きな音楽を聴く”など、自分なりのリラックス方法を見出し、副交感神経の働きを活性化するとよいでしょう。

2. 質の良い睡眠をとる

睡眠中に多く分泌される「成長ホルモン」には体の成長や回復を促す働きがあるとされており、中でも入眠後3時間のノンレム睡眠時(深い眠りのとき)が成長ホルモン分泌のピークと考えられています。そのため、短時間で覚醒したり眠りが浅かったりなど質の良くない睡眠状態では成長ホルモンの分泌が活性化されにくくなる可能性があります。慢性的に質の悪い睡眠状態が続くと成長ホルモンの分泌量が減少し正常な育毛に悪影響を及ぼす恐れがあります。

催眠作用があるとされるホルモンの一種「メラトニン」は照度が高いほど分泌が抑制され覚醒度の上昇に繋がると考えられています。メラトニンはサーカディアンリズム(日内変動)のあるホルモンで、朝に分泌量が少なく、夜に増加します。これは日照によって調整されるため、朝起床したら日光を浴びて、睡眠時は照明の照度を落とし、必要以上に覚醒度を上げないことが重要です。また就寝前に軽くストレッチを行うことで疲労で固縮した筋肉が弛緩し、神経や精神が整えられ、質の良い睡眠に入りやすいといわれています。さらに赤みを帯びた光は気分を落ち着かせる傾向にあるといわれているため、睡眠時は照明の色も工夫してみるとよいでしょう。

3. バランスよく栄養をとる

栄養バランスの偏った食事は、育毛を妨げる恐れがあるといわれています。髪の毛も他の細胞と同じく、主に食事から摂取した栄養素によって成長します。日頃からビタミンやミネラル、タンパク質などを含んだ栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

栄養のバランスを考慮することも大切ですが、髪の毛の成長に必要とされている栄養素を積極的に取り入れていくことも育毛には効果的であるといわれています。栄養バランスを考慮した上で「亜鉛」や「ビタミンC」「ビタミンE」など、育毛に関与すると考えられている栄養素を併せて摂取していくとよいでしょう。

◆亜鉛・・・牡蠣、牛肉、納豆、卵など
髪の毛の主成分であるタンパク質の一種「ケラチン」の生成をサポートするといわれています。
◆ビタミンC・・・レモン、赤ピーマン、キウイ、いちご、緑茶など
髪の毛の元となる毛包幹細胞を維持する「コラーゲン」の生成をサポートするといわれています。
◆ビタミンE・・・アーモンド、うなぎ、かぼちゃ、モロヘイヤなど
正常な血流をサポートする働きがあるため、育毛環境作りに役立つと考えられています。また抜け毛の一因となり得る「過酸化脂質」の発生を防ぐ抗酸化作用があり、抜け毛予防に期待が持てるでしょう。

M字ハゲの改善は薄毛治療専門のクリニックへ

M字ハゲの主な原因とされるAGAは、生活習慣の見直しや薄毛治療で改善が可能です。薄毛治療には様々な治療法が存在しますが、現在国内で推奨されている治療法は内服薬や外用薬による投薬治療です。

内服薬には「フィナステリド」「デュタステリド」があり、AGAを根本から阻止することで薄毛を改善する働きを持ちます。また外用薬として用いられることの多い「ミノキシジル」はヘアサイクルを延長させることで、発毛効果を発揮します。これらは薄毛治療専門クリニックなどで医師の診察を受けた上、処方される治療薬です。AGAによるM字ハゲの改善を望む場合やおでこと薄毛の境界線が自身では判別しにくいという場合は、まず一度、医師の診察を受けてみることをお勧めします。

AGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。医師による診察や相談は初診・再診ともに無料で行っています。すでにM字ハゲなどの薄毛が進行している場合だけでなく「将来、薄毛になるかどうかの不安がある」という場合などでも、お気軽に当院へお越しください。