このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

白髪予防における山椒の効果は? 「サンショウエキス」の効果を解説【医師コメントつき】

サプリ・栄養

古くから親しまれている香味である「山椒」。山椒から抽出した「サンショウエキス」は白髪予防効果が期待できる成分として、最近ではシャンプーなどのヘアケア商品にも用いられています。今回のAGAタイムスは、サンショウエキスの白髪予防における効果について解説します。

サンショウエキスとは

サンショウエキスとは、ミカン科植物サンショウ属に属する「山椒」の果皮から抽出されたエキスです。サンショウエキスを構成する主な成分には、サンショオールやタンニンなどが挙げられますが、その他にも様々な有効成分が含まれています。

山椒はピリッとした辛味と独特の香りが特徴ですが、この辛味成分に含まれているのがサンショオールです。サンショオールには、内臓の働きを活性化させる働きがあることから、胃腸の調子を整え消化不良を改善する効果が期待できるといわれています。

他にも、サンショオールは新陳代謝を活発にさせる作用や発汗作用を持つともいわれており、古くから漢方薬や民間薬として冷え性や血行不良、肩こりなどの緩和に用いられてきました。

サンショウエキスにおける白髪予防効果

前述したような効果を持つサンショウエキスですが、白髪予防とどのような関係性があるのでしょうか。白髪予防とサンショウエキスの関係性について確認する前に、白髪の原因を理解しておくことが大切です。

髪の毛は本来、灰白色をしており髪の毛が生成される過程で着色され、色を持つようになります。私たちの髪の毛を着色するのは「メラニン色素」と呼ばれるもので、メラニン色素は「メラノサイト」という細胞から合成されます。つまり白髪は、メラニン色素を生み出す過程で障害が生じた結果、髪の毛に色がつかずに生えてきた髪の毛ということです。その原因の一つとして、メラニン色素を生み出す機能の低下が考えられます。

メラニン色素の活性化を促す役割を持つと考えられているのが、メラノサイトの中に存在する「MITF」と呼ばれる転写因子の遺伝子です。MITFは司令塔のような役割を持っており、MITFの働きによってメラニン色素を合成する細胞が活性化されます。つまり、MITFの働きが活発であれば、白髪予防への効果が期待できるのです。サンショウエキスには、MITFを活性化させる働きがみられるため、個人差はあるものの白髪予防に効果がある成分だと考えられています。

現在、白髪に関する原因としてメラニン細胞の元となる色素幹細胞の枯渇が最も影響していると考えられています。色素幹細胞とは、髪の毛を作り出す元となる毛包幹細胞と一緒に存在しています。この色素幹細胞が加齢や紫外線のダメージなどにより枯渇することで色素細胞が作れなくなり白髪になってしまいます。現在の医学では、色素幹細胞が枯渇した場合の白髪を黒髪に戻すことは困難です。しかし、色素細胞の栄養不足や細胞機能の低下に伴う白髪であれば、原因を改善することで黒髪に戻る可能性があります。

サンショウエキスの取り入れ方

山椒やそれに含まれる成分は香辛料や調味料、薬味などをはじめ漢方薬や美容品にまで利用されています。そのため日々の食事やヘアケアから取り入れることが可能です。

食事の薬味や香辛料として用いられることの多い山椒を食事から多く摂取することは難しいといえます。また山椒に含まれるサンショオールには、舌が痺れるなどの局所知覚麻痺作用があるため摂取には注意が必要です。適量以上を摂取しすぎると下痢や嘔吐を引き起こす恐れがあります。あくまでも薬味として、その風味を楽しむ程度にしておきましょう。

食事の他にもヘアケア用品などにサンショウエキスが用いられているものもあります。サンショウエキスを含んだシャンプーなどヘアケア用品を試してみるのもよいでしょう。

山椒エキスは刺激が強い成分のため、頭皮トラブルには注意が必要です。育毛効果が確立した成分ではないため、頭皮環境が悪い時や皮膚が弱い人は使用を控えた方がよいでしょう。

サンショウエキスで白髪予防

サンショウエキスには白髪予防に効果的とされる成分が含まれています。またサンショウエキスに含まれる新陳代謝の活性化や血行促進などの効果は、白髪予防にもよい影響を与えることが期待できます。しかしながら、サンショウエキスを摂取すれば必ずしも白髪が予防・改善されるわけではありませんので、あくまで参考程度に捉えておきましょう。