このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】AGAには烏龍茶が効果的? ウーロン茶エキスによる薄毛改善効果とは

サプリ・栄養

AGA(男性型脱毛症)による薄毛や抜け毛の改善・予防に、烏龍茶に含まれる「ウーロン茶エキス」が効果的であるといわれているようですが、本当に烏龍茶を飲むだけでAGAによる薄毛や抜け毛の予防・改善効果を期待できるのでしょうか。

今回のAGAタイムスでは、AGAによる薄毛や抜け毛に対する烏龍茶の影響について解説します。

AGAの原因

AGAは、成人男性に多く見られる脱毛症です。一般的に前髪の生え際(前頭部)やつむじ周辺(頭頂部)から抜け毛や薄毛が始まる特徴があります。また、AGAは主に男性ホルモンに起因して発症することがわかっています。

男性ホルモンの一種「テストステロン」が、体内の還元酵素「5αリダクターゼ」と結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変換されます。このDHTが髪の毛のもととなる毛母細胞の働きを抑制し、抜け毛や薄毛を助長するというメカニズムでAGAは発症します。

テストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型5αリダクターゼは主に皮脂が分泌される皮脂腺に、Ⅱ型5αリダクターゼは主に毛乳頭といわれる髪の毛の付け根部分、特に前頭部や頭頂部に多く存在するといわれています。また、AGAは進行性の脱毛症であるため一度発症すると自然治癒することはなく、症状は少しずつ進んでいきます。

AGAに対するウーロン茶エキスの効果

2016年3月に開催された日本薬学会第136年会において「ウーロン茶エキスにはⅠ型およびⅡ型の5αリダクターゼを阻害し、育毛を促進させる効果がある」と発表されました。

ウーロン茶エキスは、チャノキの葉から精製されたウーロン茶葉からエタノール溶液で抽出したものです。ただし、この発表は茶葉から抽出したものを患部に塗布した際の効果であり、烏龍茶を飲むことで同様の効果が得られるというわけではありません。実験もマウスを使用したもので人間への臨床試験は行なっていないため、人間のAGAにどの程度の効果があるかは今後の研究次第といえるでしょう。

烏龍茶に含まれるカテキンも有用

AGAには直接関与しなくとも、育毛に効果のある成分はウーロン茶エキス以外にもいくつかあります。お茶の渋み成分として含まれる「カテキン」もそのひとつ。カテキンには優れた抗酸化作用があるといわれています。

抗酸化作用とは、体内に増えすぎた活性酸素を除去して組織の老化を緩和する働きのことをいいます。活性酸素は酸化力が強く殺菌効果もあり、体内に入った細菌を除去する作用を持つ物質です。体内の活性酸素の量が正常である場合は、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素によって消去されますが、活性酸素が増えすぎると酵素による消去作用が追いつかず、体内のあらゆるものを酸化・老化させてしまいます。

この作用によって、髪の毛の成長を促す毛母細胞をも老化させてしまう恐れがあるため、カテキンの抗酸化作用はこれらの影響を防ぎ、正常な育毛を促すことに繋がると考えられます。

さらに、カテキンの中でもEGCg(エピガロカテキンガレート)という種類のカテキンには、毛包細胞中の育毛および培養皮膚乳頭細胞の増殖を促進させる作用があるという研究結果もあります。しかし、まだ研究段階であるため烏龍茶を飲用するだけでその効果が得られるかどうかは明らかになっていません。

AGAは治療でも改善が可能

烏龍茶に含まれるウーロン茶エキスのように、髪の毛に良いとされる栄養を十分にとることは正常な育毛に繋がる可能性があります。しかし、AGAによる抜け毛や薄毛には投薬治療がより効果的です。AGAの投薬治療は薄毛治療専門のクリニックなどで受けることができるので、薄毛や抜け毛が気になる場合は一度、医師に相談してみるとよいでしょう。

AGAヘアクリニックでは、何度でも無料で医師による診察を受けることができます。薄毛治療が初めての方も、お気軽に当院へお越しください。