このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師コメントつき】髪の毛を生み出す幹細胞は「バルジ領域」に存在する

毛髪・頭皮ケア

これまで、髪の毛に関する幹細胞が存在する場所は不明なままでした。しかし近年の研究によって、髪の毛を生成する毛母細胞の幹細胞である「毛包幹細胞」と髪の毛を着色する色素細胞の幹細胞である「色素幹細胞」は、毛包から少し離れた「バルジ領域」に存在していることが明らかになりました。

このバルジ領域の発見によって薄毛や白髪のメカニズムに関する事実が少しずつ解明されており、今後の薄毛治療や白髪治療が進歩する可能性が期待できます。

今回のAGAタイムスでは髪の毛を作る幹細胞や、それらが存在するバルジ領域について詳しく解説していきます。

毛包幹細胞の適所「バルジ領域」

髪の毛は、頭皮内部に存在する毛乳頭から栄養を受けとった「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返すことで生成されます。この毛母細胞を生み出す幹細胞が「毛包幹細胞」です。生体の様々な組織に分化する幹細胞は、それぞれの幹細胞に環境が整ったふさわしい場所(微小環境)でのみ存在を維持することができます。

髪の毛の大本となる毛包幹細胞は、かつて毛乳頭や毛母細胞が集結する毛包(毛球部)に存在していると考えられていました。しかし2002年の研究によって、毛包幹細胞が存在する場所は根元部分の毛包ではなく少し離れた場所の「バルジ領域」であることが解明されたのです。

バルジ領域に存在するもう一つの幹細胞

毛包幹細胞の在り処として同定されたバルジ領域ですが、バルジ領域に存在する幹細胞は毛包幹細胞だけではありませんでした。髪の毛に色をつける色素細胞の幹細胞である「色素幹細胞」もバルジ領域に毛包幹細胞と共に存在することが明らかになっています。

もともと無色のままで生成される髪の毛は色素細胞(メラノサイト)によって色付けされます。この色素細胞を産生する幹細胞が、色素幹細胞です。近年の研究によって、色素幹細胞は同じバルジ領域に存在する毛包幹細胞と毛包幹細胞が作り出す「17型コラーゲン」によって幹細胞の未分化性(※1)を保つことが可能になるということがわかっています。

※1:細胞が複数に分かれ、複雑化したり異質化したりしていない様のこと。

2つの幹細胞を維持している「17型コラーゲン」の存在

バルジ領域に存在する毛包幹細胞と色素幹細胞は、毛包幹細胞から産生される17型コラーゲンがなくなると未分化状態を維持できなくなり分化してしまいます。

幹細胞が分化すると幹細胞自体が枯渇してしまうため、毛母細胞や色素細胞などの子孫細胞を生成できなくなり、薄毛や抜け毛、白髪が進行するのです。

17型コラーゲンは体外からの摂取ができない

毛包幹細胞によって生成される17型コラーゲンは、一般的なコラーゲン入り食品などに使用されているコラーゲンとは異なり、毛包幹細胞の膜貫通性コラーゲン(※2)です。しかし17型コラーゲンの詳しいメカニズムは未だ明らかになっておらず、現時点では17型コラーゲンを人工的に生成することはできません。また、17型コラーゲン以外のコラーゲンもしくは17型コラーゲン様物質を摂取することで薄毛や白髪の改善に繋がる研究は未だ発表されていません。

17型コラーゲンは体外からの摂取ができないため、抜け毛や薄毛、白髪を予防するには体内に存在する17型コラーゲンを維持することが最も重要だとされています。

現状では17型コラーゲンの減少を予防する方法は確立していませんが、コラーゲンの生成にはビタミンCが大きく寄与していることから、コラーゲンの減少を防ぐためにビタミンCの摂取も検討しても良いかもしれません。

※2:細胞の外側に向かって細胞膜を貫通するコラーゲンのこと。

コラーゲンやビタミンCの摂取を心がけることも重要ですが、ストレスや紫外線のようにDNAを損傷してしまう原因を防ぐことも重要です。

DNAが損傷されることで、幹細胞の未分化性が失われてしまうことがわかっています。そのため、ストレスをためないための工夫や、紫外線のダメージを受けないような対策をとるように心がけましょう。

AGA治療は専門クリニックで

バルジ領域をニッチ(※3)として生存する毛包幹細胞、色素幹細胞、17型コラーゲンについては未だ不明な点も多くあり、現在も研究段階です。色素幹細胞の衰退や17型コラーゲンの減少など加齢による白髪の発生に関しては、現在の医学では改善や完全な予防は難しいとされています。

男性に生じる抜け毛や薄毛は、一般的に男性ホルモンに起因して起こるAGA(男性型脱毛症)であることが多いといわれています。AGAの場合、主に体内の還元酵素「5αリダクターゼ」により男性ホルモンの一種「テストステロン」が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換され、ヘアサイクルを乱すことで抜け毛や薄毛が発症します。

※3:生物が生存競争などを経た結果、適応した特有の生息場所のこと。

このAGAによるヘアサイクルの乱れは治療薬で改善が可能とされているため、抜け毛や薄毛が気になる場合には、AGAや薄毛治療専門のクリニックなどで診察を受けることをお勧めいたします。

AGAヘアクリニック(以下、当院)もAGA治療専門のクリニックです。成人男性に多いとされるAGAの治療をはじめ、女性の薄毛の治療も行っております。カウンセリングや医師による診察は無料でお受けいただけますので、抜け毛や薄毛でお悩みの場合はぜひ一度、当院へ診察にお越しください。